1年前のはなし。 その6。

1年前のはなし《その1》はコチラ。
1年前のはなし《その2》はコチラ。
1年前のはなし《その3》はコチラ。
1年前のはなし《その4》はコチラ。
1年前のはなし《その5》はコチラ。

相変わらずキューバネタですワイ(´ー`)
今日はお宿のお話をば・・・・。

昨日の記事で書いたびっくりどっきりしながらも何とかたどり着いたトリニダという街。
ここでアダグジたちはホテルを事前に予約していませんでした。

さてはてどうしたかというと。

キューバはCasa Particularという政府公認の民宿というのが沢山あって
普通のホテルに泊まるよりも格安に泊まることができます!
トリニダという街ではそこに泊まろうと決めていたので、
あえてホテル予約をしなかったんですね( ´∀`)

昨日書いたとおり、ガソリンスタンドのお兄ちゃんに宿を紹介してもらいました!

見てくださいこのお部屋ぁ~~♪
b0131774_923148.jpg


あは~んピンクゥ~(*´д`)愛らしいぃ~♪

男子1人、女子2人で旅をしていたアダグジたちですが、もう女子2人は
「絶対ココ!何が何でもココにするから!!!もう動かない!!!」と拳を突き上げ、
ここに宿泊することに決定(´ー`)

基本的に一般のオウチの一部屋を民宿として開放しているCasa Particular。
このオウチは2人ずつしか泊まれない・・・てことで、
男子1人は隣のおうちのお部屋を借りることに。

なんせそれまでのホテルは地味・・・というか・・・。
味も素っ気もなかったので、こーいう空間がとっても嬉しかったんですねぇ♪

そんな感じで、各都市で泊まったどこのホテルよりも、ここのお部屋が一番素敵でした!


部屋への階段。
b0131774_97359.jpg


お庭。ここでフルーツたっぷりの朝ごはんをいただきました!
b0131774_982650.jpg


かわいい台所。
b0131774_993235.jpg


お部屋の前にあるテラスのチェア。
b0131774_919201.jpg


b0131774_9202591.jpg
この民宿のお母さんです。 とっても優しくて、こっちのつたないスペイン語にも一生懸命耳を傾けてくれました。朝ごはんの時間を聞くだけで数分かかりましたからねぇ。「指差し会話手帳」を使って一生懸命お話したのを覚えてます。
そーいう触れ合いもあってか、ホテルに泊まるより心地よく、本当に息抜きになった一泊でした。



お値段(いくらだったか忘れましたが)ホテルよりは全然安いので、
キューバに行かれたら是非民宿Casa Particularにチャレンジされることを
オススメします!

b0131774_9363751.jpgただ、中には政府公認ではない違法の宿もあったりして、そこに宿泊した場合、警察が踏み込んでくることもあるらしく一緒に捕まっちゃうって話も聞いたことあるので、もし泊まられるときは、政府公認であることを確かめることが大切です。
←このマークが公認のしるしです。
玄関に貼ってあります!




そうそう、何が良かったって、お母さんが作ってくれた朝ごはんが
どこのホテルよりも美味しかったんですよねぇ( ´ー`)
食欲を美味しく満たされるって大事なことですよにぃ~♪
[PR]
by sato-ponchan | 2008-09-21 09:42 | にっき