怒涛の1週間。

こんなに長い1週間は久しぶりだったなぁー。

「英会話スクール夏の1週間集中講座」が今日終了した。
毎日朝10時から12時までの2時間。
生徒が少ないおかげで先生とマンツーマンでの授業。
質問も好きなだけできて、とにかく会話会話。


毎日毎日頭ん中ドロドロになりながら、「アダグジ絶対脳みそシワなしよ」と確信した5日間。


日本にいたころ、本屋の英会話コーナーの前に立ってはみるが
「うーん・・・」と悩んで立ち去るという行動を何度繰り返したか・・・。

「もっと勉強しとけよオレ!」と今、自分自身を叱ってるところ(笑)


最初の2日間はもうドロッドロで家に帰れば立ち上がる気力もなく
どうしようもない灰人間になっていたが、3日目からなんとなく状況に慣れてきたのか
楽しく前向きに英語を学べるようになった。

もともと「誉められて伸びるタイプ」なアダグジは、
「誉め上手」なアメリカ人と相性が合うらしく・・・・(笑)

それも楽しくクラスを受けられた要因のひとつかもしれない。

そして何より良かったのが、先生が本当に辛抱強いのだ。
例えば熟語ヒトツを学ぶのに、その中に分からない単語が2つあるともう大変。
とりあえずアダグジは電子辞書をしまって、先生の説明だけで理解しようと試みる。
「ん~・・・分からない」「ん???ん~・・・ちょっと理解」が数分続く。
先生はずっと色んな例えを次々出して説明する。
「あ!わかったかな???理解できたかも」ってところで、電子辞書を開いて
チェックさせてもらう。ここで当たってると相当嬉しい(笑)

そして単語が2つとも分かったところで、熟語にして理解。

そんなやり取りを2時間みっちりマンツーマンで付き合ってくれた。

たった5日間だったけど、本当に濃厚な5日間だった。
生徒同士も顔見知りになれたしね。
(あ、ちなみにクラス内でアジア人はアダグジだけ。あとはみんなラテン系&ヒスパニック系)


次のスクールは9月。


・・・なんて余裕ぶっこいてたら、実は来週月曜日から新しいクラスが始まるらしく
「来るかい?」と言われたアダグジは「行く」と即答。

脳ミソ使おう。シワふやさなきゃ。
来週からも少しずつ頑張ってみよう。

気が重い40%、楽しみ60%・・・・。
[PR]
by sato-ponchan | 2008-07-19 10:30 | にっき