手作り納豆。

納豆が食べたいんだぁぁっぁ~~~~!!!!!





作っちゃえー(゚∀゚)


てことで納豆作りが始まったのでぷ!!!
なんやまったく前フリ無しですが気にしないでください。
この後の文章がめっちゃ長いということですから!!!

まず納豆作りにあたってアダグジが一番に起こした行動・・・「相棒(夫)を巻き込む」(笑)
アダグジは大雑把なO型。相棒、几帳面なB型。
それに加え、なにかと理論付けたり研究体質な相棒・・・
マンマとこの「納豆作り」にハマってくれるに違いない。


マンマとハマりました(・∀・)


朝から晩まで納豆談義。いろんなHPを見て研究研究。
着々と進められる納豆作りへの環境作り(笑)

まず納豆が作るにあたって、大切なこと。
滅菌・温度・湿度・酸素

雑菌がはいったらうまく発酵しないのん。
温度は40度~50度が最適。
湿度は80%ぐらいが最適。
酸素がないと息できなくなっちゃうからー。

ほいで発酵中に水がかかると納豆菌が流れちゃうからそれも注意。
これを踏まえたうえで、我が家の納豆作り手順をごらんあれ!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

まず。

大豆を水に浸します。
b0131774_10182992.jpg


写真は半日経った状態。
我が家は丸2日浸しました。が、きっと1日で十分。
写真のように大きく膨らめばOKみたいです。

そして大豆をザルで切って軽く洗います。
圧力鍋で40分茹でます。

ここからが勝負!

茹であがり圧力を下げている間にタッパーとスプーンを100度の熱湯で滅菌。

同時に市販の納豆1パックの半分を皿にとり、大さじ2杯ほどのお湯で
納豆の粒からヌルヌルを洗う(さっきの滅菌済みスプーンを使用)。

大豆が熱いうちにザルで水分をよく切って、タッパーへドーン!!!
先ほどの納豆ヌルヌル汁を全体にかけて混ぜる。(粒はいらないので捨てる)

全体がまざったらタッパー内に均一の厚さで大豆を並べて速攻保温へ!!!
b0131774_10282585.jpg


これ、我が家のオーブンの中です。スタンドライトをもってきて、電気の熱で保温してます。
奥の青い手ぬぐいが大豆ちゃんタッパー。
クーラーボックスの中にタッパーごと入ってます。

タッパーを密閉しちゃうと酸素が足りなくなったり、
蓋についた水滴が納豆に落ちちゃって納豆菌を流しちゃうから、
タッパーの蓋で蓋をする場合は斜めにして水滴が逃がす必要があるらしい。


めんどっちーので手ぬぐいで蓋!!!


発酵時間は20~24時間で納豆完成。

てことでその温度を保持するために一日中ライトつけっぱなし。
温度&湿度を保つために周りにはお湯をいれたタッパーが沢山!!!


初めての納豆作りで本当に試行錯誤!!
手探り手探りで、オーブンの中は完全に過保護状態!!

温度計もたまたま家にあった2つをフル活用!
「絶対40度以下にしてはならぬ」が合言葉な2人は温度が下がりそうになると
お湯タッパーに熱湯を注いでオーブン内をあっためる。

結構大変でした。

過保護になりすぎたのもあったんだけどね。

そして24時間後。

b0131774_10434985.jpg


ぬぉ!!!!色も納豆らしい色になっておる!!!

でも少し乾燥してる感じ。
湿度がたりなかったのか・・・・。

そしてこのまま再び24時間冷蔵庫で寝かせます。


そして今日。


b0131774_10511235.jpg


やっとありつけましたーーーーーー!!!!!!!

そして旨しっ!!( ´∀`)めっちゃ旨しっ!!!
ちゃんと納豆してました!写真では分かりにくいが糸もちゃんとひいてるぅ~!
大豆の味も濃ゆいのぉ~♪♪♪

でもやっぱり表面が乾燥してて固くなってるのでこれは次回の改善点。
そして今回は圧力鍋で「茹でた」んだが、これは「蒸した」ほうがいいらしい。

あとオーブン内の保温装置をもっと簡素化しなければ・・・長続きしないジョ(´-ω-`)

納豆が出来上がった今も納豆反省会が延々と続いております。
納豆作り、次回も頑張りマス。
[PR]
by sato-ponchan | 2008-05-20 11:14 | たべる